道具を愉しむ、もうひとつの豊かさ

重厚感漂うヴィンテージライクな空間と、無骨だけど愛着の湧くインダストリアルな空間の2つを提案。
憧れの暮らしが叶うDULTONらしい住まいを表現します。

図面

Before
After

プラン事例

Before
After

お客様のご要望

夫34歳(会社員)、妻32歳(会社員)、夫婦2人暮らし。ペットなし。
・将来子供を授かることを見据え、2LDK以上を希望。
・キッチンは対面を希望。
・浴室の大きさはそのままで良いが、お掃除浴槽や床洗浄に興味あり。
・洗面は出勤時間が被ることが多いので、可能な限り広く。
・トイレは手洗い別を希望。
・極力物を見せたくないので、隠す収納を希望。また、服が多いのでWIC等に夫婦二人のものが収まるように。
・休日は外出も多いが、映画やドラマを見ることも多く、プロジェクターや本格的なスピーカーをつけることが理想。

リノベーション方針

比較的若い夫婦の趣味を優先しつつ、将来を考えた提案です。
キッチンは既存壁を取り除き、ダイニング側に開くことで対面キッチンとします。リビングは既存と同様の大きさとし、主寝室内には夫婦の多い服を収納できる大き目のWICを設置します。既存寝室も極力そのままとし、将来子供部屋として確保します。洗面所は使用時間帯が被っても大丈夫なように洗面ボウルを2つ設置し、トイレ手洗いもご要望通り別で設けます。
リビングには映画やドラマを見るプロジェクター置き場を冷蔵庫上に設け、天井付けのプロジェクタースクリーンを設置します。
仕上げは床は落ち着いたウォルナット、壁はベースにグレーの塗り調、アクセントにホワイトブリックタイル、キッチンはネイビーと天井はヴィンテージウッドとダルトンBrooklynスタイルのテイストです。